このホームページについて


 当院は平成5年(1993年)に開院いたしまして
今年で28年目になります。
 当サイトはその9年後2002年10月4日に公開しま
したので19年目となりました。
 インターネットが普及していない当初は仙台の
歯科医院でホームページを持っているところは数
件程度でした。
 が今では殆どの歯科医院がホームページを持つ
ようになりTwiitterやInstagram等も当たり前に
活用されており完全に他院に抜かされていますが
それでもこの18年間当ホームページは月1回以上
の更新をなんとか続けています。


 今年は新型コロナにより世界的に大きな影響を
受け日本でも2月にクルーズ船の感染者が出てか
ら世の中が一変しました。
 当院でも医療機関で患者さんと近くで接触する
ということで皆様から大変心配をいただいており
ましたが皆様が安心して診療を受けられるように
従来の感染防止対策に加えより一層院内感染を防
ぐ対策を行なっております。


 メタルフリーの白い被せ物であるCAD/CAM冠が
保険適用になってから数年が経ちましたが現在ま
で殆ど破損を経験していませんので予想以上に丈
夫なことが分かりました。
 現在第一大臼歯と前歯にも適用することができ
るようになりました。
 従来奥歯の治療は噛む力が掛かるため強度の高
い金属を使うのが一般的でしたがご存じの通り
昨今金属の値段がが高騰し治療費も高くなってし
まっています。
 今後は審美的な面も考慮し現在のCAD/CAM冠の
ように天然歯の色に近い被せ物や詰め物が主流に
なるのではないでしょうか。
 また今後は歯科でも3Dプリンターが利用される
ようになると思われますし現に歯科技工の分野で
は3Dプリンターを用いた様々な試行がなされて
います。
 まだ試行段階ですから本格的に歯科界で普及す
るのはまだ先のことになるとは思いますがそのよ
うなものについても随時ご紹介していきたいと思
います。.


 しかしながら長年歯科医療で使用されてきた金
属にはそれなりに多くの利点がありますので全て
セラミック等の審美性の高い被せ物にすればよい
ともそれが万能であるとも私も考えておりませ
ん。
 ただ今まで金属アレルギーの患者さんは自費で
セラミック等の被せ物を入れなければならなかっ
たのがセラミックではありませんがCAD/
CAM冠の適用範囲が広がり金属アレルギーの患者
さんに限り大臼歯まで保険でノンメタルの被せ物
を入れることができるようになったことは大きい
と思われます。
 従来歯科の被せ物と言えば金属が主流でしたが
着実にノンメタルの方向に向かっています。
 今後の保険改正でCAD/CAM冠の適用範囲はさら
に広がるでしょう。


 当院は保険治療をメインに診療を行なっていま
すが保険適用にならないような新しい技術や治療
法等をホームページ上でご紹介いたします。
 当院に通院される患者さんのみならず他院に通
院されている患者さん及びこれから歯科医院へ行
こうと考えていらっしゃる方々にも有益な情報を
提供してまいりたいと思います。


 ただ新しい技術や治療法がテレビや雑誌、ホー
ムページ上で紹介されると閲覧された方はそれが
さも良いことのように思い込んでしまう危険性が
ありますが、実際には効果や適用範囲が限定的だ
ったり効果がそれほどでもなかったりする場合が
ありますのでそのような誤解を招くような記載は
避けたいと思います。


 今後も見直しが必要なウェブページですがご意
見等ございましたらメールをいただければ幸いで
す。
 またQ&Aに関しましては出来るだけ専門用語
を避け、どなたでも分かり易いようになおかつ間
違った説明をしないよう充分吟味したつもりです
が間違いや理解し難い点がございましたらお知ら
せください。
 さらに診療・応対に関する苦情やご意見、ご質
問等も受け付けておりますので下記のアドレスま
でメールを頂ければ 可及的迅速に対応いたしま
す。
 今後ともよろしくお願いいたします。


令和2年10月4日
スガワラ歯科クリニック
院長
 菅原和弘




oralcare@sdc01.com




本日の独り言

戻る